土壁施工確認シートについて

土壁施工確認シートについて

土壁施工確認シートについて

 

 

土壁ネットワークは、土壁ネットワーク・四国職業能力開発大学校共同試験の結果を踏まえ、土塗壁等に関する壁倍率の改正(国土交通省告示第1543号による改正・平成15年12月9日)に示された壁倍率を用いる際に参考になる指針として、このようなチェックリストおよび参考施工図を提案しました。(平成19年8月)

 

 

 

 

 

(0.一般事項
土塗壁は数種類の自然材料を用い、何段階もの工程を経てつくられる複合壁です。耐力壁としての性能は、それらが適切に選ばれ施工されることによって発揮されます。このチェックリスト及び標準軸組施工図は、平成17年から19年にかけて香川県下で行われた壁土及び土塗壁に関する一連の実験結果※を基に、土塗壁を壁倍率1.0及び1.5の耐力壁として用いる場合に工事監理者が確認すべき要点を示したものです。工事監理者はこれを参考に各工程の確認を行い、その記録を保管してください。

 

1.壁土
(1)「荒壁土」は、材料製作業者(事業者名・所在地など)、使用する土の産出地、製造日の確認をしてください
(2)「中塗り土」は、材料製作業者(市販品は製造社名、商品名)を確認してください。

 

2.軸組および竹小舞
(1)軸組施工前の打ち合わせが大切です。「土塗壁軸組参考図」を参考に、「貫の寸法と本数及び割付」、「間渡し竹と割竹の本数及び割付」、「貫と間渡し竹のホゾ穴寸法」、「縄の種類」等を施工前に打ち合わせしてください。
(2)小舞下地施工前に軸組を確認してください。
(3)小舞下地完成後は各部を確認して、少なくともチェックリストにある確認箇所の写真を添付してください。必要に応じて添付する写真枚数は調整してください。

 

3.工程と塗厚
各工程別に「着手・完了日」と「全体の塗り厚」を記録してください。壁土、施工状況、施工完了状態の写真を添付してください。必要に応じて添付する写真枚数は調整してください
(1)荒壁
(2)裏返し
(3)大直し塗り
(4)中塗り(片面塗りの場合)
(5)中塗り(両面塗りの場合)

 

 

 

 

 

 

ダウンロード
土壁施工確認シート
pdf・エクセル
土壁下地軸組参考図 pdf

 

 

 

 

 

 

柱間隔と仕口

 

 図は柱間1間の場合を示しています。柱間半間の場合は、中央部タテ貫を柱に置き換えて考えてください。柱は長ホゾを標準とします。込み栓はN値計算法などにより引抜力の小さいことが確認された箇所には必要ありません。

 

貫の寸法
 貫の標準寸法は15o×105oです。貫厚を大きくすると軸組の抵抗力は上がりますが、貫部分で土の塗厚が薄くなり、壁が割れやすくなる(抵抗力も落ちる)傾向が見られるので注意が必要です。

 

貫の割付けと差込み代
 貫は間隔が910o以下、3本以上となるように割付けて下さい。垂れ壁や腰壁がある場合には鴨居や窓台近くに必ず貫を設けるようにして下さい。貫の効果は柱内への差し込み長さに比例するので出来る限り長くするよう心がけてください(貫通が理想的)。

 

チリしゃくりと間渡し竹差込穴
 チリしゃくりは壁土の収縮による問題を防ぐだけでなく、塗厚を決める定規としての役割があるので必ず設けるようにして下さい。幅は3分(9o)以上、深さは2分(6o)程度が適当です。
 間渡し竹には土壁と軸組を一体化する役割があります。間渡し竹の間隔は1尺(303o)程度とし、差込穴の直径は5分(15o)または6分(18o)とします。必ず土台を含む軸組の4辺に設け、間渡し竹を確実に差込んで下さい。

 

釘打ち
 貫と間渡し竹の釘打ちは、壁の重量を支え、壁の変形を防ぐために有効です。
 貫はN45、間渡し竹にはN32が適当です。突き出た釘の先端部は必ず折り曲げて下さい。

 

編み縄
 小舞竹は、藁縄、シュロ縄、麻縄などを用い、ゆるみのないように編んで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土壁ネットワーク: